陽光きらめく朝に突然のカマイタチ

「マジシャン」に関して、どのように感じているかな。「アイスコーヒー」って、普段ではどのように認識されているのだろうか。別に考察するわけじゃないよ。

トップページ >

雲が多い水曜の午後に料理を

レフも、実に夢中になってしまうけれど、それとは違ってハマると言うくらい好むのがトイカメだ。
2000円あれば小さめのカメラがすぐに手に入るし、SDカードがあるならパソコンでもすぐに見れる。
臨場感や、感動の一瞬をシャッターに収めたいなら、充実した性能のカメラがお似合いだと思う。
ところが、流れている風情や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメラには他のどれにも負けないと思う。

ぽかぽかした木曜の昼に窓から
村上春樹のストーリーがおもしろいと、友達の人々の感想を聞き、初めて読んだのがノルウェイの森だ。
この文庫本は、外国でもたくさんの人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
この人の文庫本は、面白く、サクサクと読めてしまう所が良いと思う。
直子と緑との間でゆれる、主役のワタナベは、まるで生と死の間でゆれているように感じる。
そういったテーマを取って読んでも緑も直子も魅力的だと思う。
そして、特攻隊や永沢さんやレイコさんといったスパイスが加わる。
みんな魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に知った作品だが、読みたいと思い、ページをめくったことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と感じた部分。
だから、直子がうらやましいと思った。

薄暗い水曜の午前に熱燗を

喫煙は体に一利もない。
など、分かっていても購入してしまうという。
正社員として働いていた時代、仕事の関係で紹介していただいた旅行会社の取締役のおじさん。
「身体が元気なのは、ニコチンとアルコールの力です」とハッキリ言っていた。
こんなに堂々と聞かされると無駄な脱ニコチンは無しでもいいのかも・・・と思う。

雨が降る金曜の昼は冷酒を
とある夜、私は彼氏と、横浜のアパートからレンタカーを使用し、由比ヶ浜に向かった。
なぜかと言うかは、私の一眼レフのカメラで海岸を撮影するためだったけれど、上手に撮れない。
砂浜は久々だったから、そのうちヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
海水にも飽きてしまい、砂で小さな城を作ることをして遊びはじめた。
その時までは、たぶんそばにあった黒いデジタル一眼。
めいっぱい滞在して、帰り道の中、GSで私の一眼がない事にびっくりした。
あきらめて家まで帰ったけれど、しばらく、すごくさみしかったのを覚えている。
多くの思い出が入った宝物の一眼レフ、現在はどこにあるんだろう?

気分良く自転車をこぐあの人と壊れた自動販売機

夏っぽいことを今年はやっていないが、同僚と日曜日、コテージを借りBBQを行う。
例年の恒例だが、たまには、息抜きになる。
男があまりいないので、とてもいっぱいなんやかんや準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女性だと不得意な人がけっこういるので、してあげないと。
ただし絶対に皆でお酒を飲むからその時は、お酒をほどほどにするように注意しよう。

息絶え絶えで歌う君とあられ雲
泊まりに行きたくて仕方がなかった地域、と言うのは静岡県の真鶴だ。
この地を知ったのは真鶴という題名の川上弘美の本。
読んだものの、私の未完成な感覚では、現在でも深い感動はできていないと思う。
でも、話の中の真鶴地方の雰囲気が大好きで、行ったことのない真鶴に憧れていた。
静岡県熱海市と、神奈川県との真ん中にある真鶴半島。
突き出た部分が真鶴岬。
岬の少し先、海から頭を出しているのは、三ツ岩という岩が3つ。
一番大きな石の上には鳥居としめ縄があって潮がひいたら歩いて向かえる。
願いが叶い、現実のこの風景を見に行くことができた。
私のデジタル一眼の中には、真鶴の景色がいっぱい。
民宿のおばさんにここに住みたいと言うと、喜んでくれた。

陽気にダンスする母さんと季節はずれの雪

思ったより縫物用の布は金額がする。
娘が園に通いだすので、本入れやボール入れが不可欠とは言っても、以外と縫物の為の生地が安い物がなかった。
ことに、キャラクターものの縫物の為の生地なんて、非常に高かった。
特にアンパンマンの布がものすごく高かった。
使う形のの本入れやボール入れをお店で購入するのが手っ取り早いし、以外と安いのだけど、農村なので、みんな、お手製だし、隣近所に販売していない。

どんよりした祝日の日没に目を閉じて
見るのにけっこうふんだんに歩き進まなくてはならない動物園は、7月はすごく暑くてきつい。
友人と奥さんと子供と私の家族といっしょに観覧しに行ったが、非常に日差しも暑くて疲れた。
ものすごく日差しも暑いので、ヒョウもトラも他の動物もろくに行動していないしし、奥の物影にひっそりとしていたりで、あまり見えなかった。
この次は、クーラーのきいた水族館などがとても暑いときはいいかもしれない。
娘がもう少し大きくなったら季節限定の夜の水族館や動物園もたまらなさそうだ。

雨が降る木曜の午前に歩いてみる

久しぶりの地方への出張の当日、初めて業務でお世話になったAさんは、体格のいい男性だ。
初対面で会った時からクールで、仕事以外での会話は全然話す機会がなかった。
先日、なんとなくAさんの腕まくりしたうでを拝見してかなりびっくりした!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスが何連も目に入ったため。
気付いたら、パワーストーン詳しいんですね!と話しかけてしまった。ほど。
にっこり笑ったAさんは得意げに、なおかつ笑顔で、ひとつひとつのストーンの由来を教えてくれた。

悲しそうに泳ぐ友人と擦り切れたミサンガ
子供の2歳の誕生日が近いので、プレゼントをどんなものにするかを考えている。
妻と話し合って、体で遊ぶおもちゃかためになるおもちゃか着るものなどにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決まらないので、ものを見に行って選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
だけど、こどもに遊ばせてみたら、以外とすぐに決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中になったので、これに決めた。
ただ、今のアパートが狭いので、場所をとらないコンパクトなやつに話して決めた。
販売価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

サイトカテゴリ



Copyright (C) 2015 陽光きらめく朝に突然のカマイタチ All Rights Reserved.
↑先頭へ